*

フランス大統領選、韓国大統領選、北朝鮮の行方

   


今日はフランス大統領選ですね。。。
隠れルペンがどれだけいるかですが。。。
こればかりは開票されないと分からないです。
ただ、移民問題は深刻なので、案外隠れルペンが大勢いるかもです。ただ、アンケートではルペンは劣勢です。
 
9日の韓国の大統領選もかなり深刻の問題で、韓国で文大統領がきまると、日韓の間は冷え込み、米韓の安保の仕組みも見直しがかかるかもしれません。というか、韓国軍が米国軍の指示下に入らないと言っただけで、米国は撤退する可能性があります。米軍は他国軍の指揮下につくことはないからです。
 
9日までの米軍の北朝鮮侵攻というのはなさそうですね。北朝鮮が慎重に動いているため、侵攻理由がないためです。
 
文氏は親北と言って、北朝鮮と韓国の統一をうたっていますが、北朝鮮が韓国優位の統一など望んでいるとは思えないので、韓国の親中化の方だけがあり得る話で、THAADの撤廃などの政策をしていく中で、韓国と中国との融和があり得ますね。中国の韓国いじめが終わり、経済が立て直せるかも。。。将来、竹島問題はかなり深刻な問題になるかもしれません。
 
少しおかしな話ですが、北朝鮮とアメリカ、日本が同盟するという可能性もあります。北朝鮮とアメリカの会談が実現すれば可能性はあります。これさえ出来ればアメリカは韓国に駐留する必要はなくなるので本当に韓国から撤退する可能性はあります。

 - アメリカニュース, ヨーロッパ, 中国ニュース, 北朝鮮ニュース, 韓国ニュース